韓国語に伸ばし棒はある?韓国語における伸ばし棒ガイド

韓国語
この記事を書いた人

15韓国語の編集長で韓国語ネイティブ『ナ先生』。韓国と日本の両方の大学で学んだ豊富な経験を活かして、韓国で日本語教師として5年間活躍しました。その後、日本の企業において役員や社員に韓国語を教える役割を担い、言語教育の分野での深い知識と経験を積みました。現在は、15韓国語を通じて、日々実用的な韓国語学習コンテンツを提供し、短時間で効果的に学べる韓国語を広めています。

15韓国語をフォローする

伸ばし棒とは?ハングルとの出会い

韓国語を学び始めると、「トースト」토스트トストゥや「コーヒー」커피コピなど、英語などの発音が日本語と少し違うと思ったことはありませんか?この違いの原因は何なのでしょうか。この謎を解き明かすためには、ハングルの特性と音声学について理解する必要があります。

韓国語における伸ばし棒の存在:短母音の世界

「韓国語 伸ばし棒」で検索すると「韓国語は全て短母音です」という情報に出会うでしょう。これは何を意味しているのでしょうか。簡単に言うと、韓国語は伸ばし棒に相当する音を持っていません。つまり、全ての音節が一定の時間で発音され、日本語のように特定の音を長く伸ばすことはありません。

韓国語に伸ばし棒の概念はありません

ハングルと日本語:五十音対応表を見てみよう

日本語と韓国語、それぞれの発音の特徴を把握するためには、ハングルとひらがなの対応表を見ることが有効です。「あ」は、「い」は、「う」はといった具体的な比較から、「韓国語 伸ばし棒」の理解を深めることができます。

韓国語の名前表記:伸ばし音の扱いとそのルール

自分の名前を韓国語(ハングル)で書く場合、日本語の伸ばし棒の音はどのように表現されるのでしょうか。その答えは、(ほとんどの場合)伸ばし棒の発音を省略するというものです。たとえば、日本語の「ソウタ」は韓国語では소타ソタとなります。

ハングルの特性:伸ばし棒の音との違い

日本語の特性として「ん」や「っ」、そして伸ばし棒の音がありますが、これらは韓国語ではどのように取り扱われるのでしょうか。まず、「ん」は韓国語ではで表されます。「っ」はなどの二重子音で表現されます。一方、伸ばし棒の音は、韓国語には存在しないため、省略するか近い音で代用します。

自分の名前を韓国語で書く:伸ばし棒の音をどう表現する?

それでは最後に、自分の名前を韓国語で書いてみましょう。「韓国語 伸ばし棒」の問題を理解した上で、自分の名前をハングルで正確に書くことができるようになります。たとえば、日本の名前「コウスケ」は、韓国語では「コスケ」が코스케コスケと書きます。これにより、伸ばし棒を含む日本語の名前も韓国語で表現することが可能となります。

【アマプラで韓国ドラマを見よう!】

※このコンテンツはプロモーションを含みます
Amazonプライムには、韓国コンテンツを専門で提供するチャンネルが3つも存在します。 14日間無料で試せる上、月額550円とお得なので、ぜひ見てみてくださいね!
韓流チャンネル【14日間無料体験】
アジアPremium【14日間無料体験】
channel K【14日間無料体験】


【韓国語無料体験レッスンなら】

K Village Tokyo|韓国語教室の無料体験レッスン

日本最大級の韓国語教室!いまなら体験レッスンが無料!
【選ばれる理由】
▶生徒さんの満足度95%!
▶体験レッスン後の入校が80%以上と抜群の入校率!
▶初めての方からビジネス用途まで安心!
▶しかも【60分550円~】の韓国語教室。
K-Franc|韓国語教室の無料体験レッスン

楽しくしっかり身に付ける韓国語レッスン【K-Franc】
【選ばれる理由】
▶厳しい講師採用基準を設けており、その基準をクリアしたプロの講師のみ在籍
▶低価格で高品質なレッスンが特徴
▶好きな講師を選んでレッスンを受けられる
K-TOP School|韓国語オンライン教室の無料体験

韓国語教室「K-TOP School」
【選ばれる理由】
▶入会金・月会員費・教材代まで無料!
▶知っている内容は受講しなくてOK!学びたいレッスンだけ選ぶことができます
▶費用+時間の無駄を削減できる教室
タイトルとURLをコピーしました