「チヂミ」って韓国では何て言う?日本で使われる韓国語の本当の意味

韓国語
この記事を書いた人

15韓国語の編集長で韓国語ネイティブ『ナ先生』。韓国と日本の両方の大学で学んだ豊富な経験を活かして、韓国で日本語教師として5年間活躍しました。その後、日本の企業において役員や社員に韓国語を教える役割を担い、言語教育の分野での深い知識と経験を積みました。現在は、15韓国語を通じて、日々実用的な韓国語学習コンテンツを提供し、短時間で効果的に学べる韓国語を広めています。

15韓国語をフォローする

はじめに

日本で大人気の韓国料理。しかし、知っていましたか?日本で使われている韓国料理の名称、実は韓国では異なる意味を持っていたり、使われていないことがあるんです。今回は、その誤解を解きつつ、韓国の言葉と文化を深く理解する旅に出かけましょう。

「チヂミ」とは?

日本で大人気の韓国料理「チヂミ」。しかし、韓国では実は부침개ブチャンゲまたはジョンと呼ばれ、地域によってさまざまな種類があるんです。

一般的な日本の「チヂミ」は韓国では김치전キムチジョン(キムチチヂミ)や해물파전ヘムルパジョン(海鮮チヂミ)と呼ばれます。

「チョレギ」とは?

日本でよく使われる「チョレギ」ですが、これは日本独自の言葉。チョレギは韓国の一部の地域(慶尚道)で使われるチェレギ(サンチュ)から由来していると言われています。

韓国では一般的に무침ムチム샐러드サラダと呼ばれることが一般的です。

「チゲ鍋」とは?

「チゲ鍋」は意味が重複しています。韓国語で찌개チゲはすでに「鍋」を意味しますので、韓国では「キムチチゲ」「ソンドゥブチゲ」などと料理名を直接呼びます。

「トッポギ」の本当の意味

韓国料理のトッポギ、これは料理名であり、餅の意味ではありません。トックだけが餅を意味し、トッポギは餅を使った甘辛炒め떡볶이トックポッキという料理名です。

「ホルモン」、「チャンジャ」は韓国では?

日本でよく聞く「ホルモン」や「チャンジャ」も日本独自の表現です。「ホルモン」は韓国では곱창コプチャンと呼ばれ、一方、「チャンジャ」は젖갈チョッカルと呼ばれています。

韓国人にホルモンと言うと、女性ホルモンや男性ホルモンという意味になってしまい、チャンジャは小腸や大腸を意味する言葉になってしまうので意味合いがまったく異なってしまいます。

まとめ

このように、日本で使われている韓国料理の名前が、実際の韓国での名称や意味と異なることがあるのは面白いですね。

これらの違いを理解することで、韓国の文化や言葉をより深く理解することができます。また、次回韓国料理を注文する際にも、これらの違いを知っていると、より本格的な韓国料理を楽しむことができるでしょう。

【アマプラで韓国ドラマを見よう!】

※このコンテンツはプロモーションを含みます
Amazonプライムには、韓国コンテンツを専門で提供するチャンネルが3つも存在します。 14日間無料で試せる上、月額550円とお得なので、ぜひ見てみてくださいね!
韓流チャンネル【14日間無料体験】
アジアPremium【14日間無料体験】
channel K【14日間無料体験】


【韓国語無料体験レッスンなら】

K Village Tokyo|韓国語教室の無料体験レッスン

日本最大級の韓国語教室!いまなら体験レッスンが無料!
【選ばれる理由】
▶生徒さんの満足度95%!
▶体験レッスン後の入校が80%以上と抜群の入校率!
▶初めての方からビジネス用途まで安心!
▶しかも【60分550円~】の韓国語教室。
K-Franc|韓国語教室の無料体験レッスン

楽しくしっかり身に付ける韓国語レッスン【K-Franc】
【選ばれる理由】
▶厳しい講師採用基準を設けており、その基準をクリアしたプロの講師のみ在籍
▶低価格で高品質なレッスンが特徴
▶好きな講師を選んでレッスンを受けられる
K-TOP School|韓国語オンライン教室の無料体験

韓国語教室「K-TOP School」
【選ばれる理由】
▶入会金・月会員費・教材代まで無料!
▶知っている内容は受講しなくてOK!学びたいレッスンだけ選ぶことができます
▶費用+時間の無駄を削減できる教室
タイトルとURLをコピーしました