「子供」の韓国語、理解のポイントと子供向けの簡単なフレーズ

韓国語
この記事を書いた人

15韓国語の編集長で韓国語ネイティブ『ナ先生』。韓国と日本の両方の大学で学んだ豊富な経験を活かして、韓国で日本語教師として5年間活躍しました。その後、日本の企業において役員や社員に韓国語を教える役割を担い、言語教育の分野での深い知識と経験を積みました。現在は、15韓国語を通じて、日々実用的な韓国語学習コンテンツを提供し、短時間で効果的に学べる韓国語を広めています。

15韓国語をフォローする

「子供」を韓国語でどのように表現するか、またそれぞれの言葉がどのような状況で使われるのかを理解することは、韓国語学習の大切な一歩です。この記事では、「子供」を指す韓国語の特徴や、子供向けの韓国語フレーズについて詳しく解説します。

子供を指す韓国語「아이」 と「어린이」、それぞれの特徴とは?

韓国語では「子供」を一般的に아이アイと言いますが、年齢により어린이オリニとも表現します。「아이」は幅広い年齢層の子供を指し、「어린이」は主に4歳から13歳までの子供を指します。

韓国語で子供の年齢層を表現する方法

「아이」は一般的な子供の表現で、具体的な年齢を問わず使われます。一方、「어린이」は前述の通り年齢が4歳から13歳くらいの子供を指します。

自分の子供や複数の子供を表す韓国語の表現

自分の子供を指すときは「우리 아이ウリ アイ」を使います。ここでの「우리ウリ」は「我々の」という意味で、親密さを表現します。また、複数の子供を表すときは「아이들アイドゥル」を使います。

子供向け韓国語フレーズ:遊びや日常生活で使える表現

子供とのコミュニケーションを円滑にするため、以下のような日常生活で使える簡単なフレーズを紹介します。

  • 숙제 했어?スクジェ ヘッソ?(宿題は終わった?)
  • 뭐 먹고 싶어?モ モッコ シポ?(何が食べたい?)
  • 나랑 놀자!ナラン ノルジャ!(一緒に遊ぼう!)

韓国の子供の日について

韓国では、5月5日は子供の日です。この日は子供たちに特別な贈り物をしたり、一緒に遊んだりすることで子供たちを祝います。「子供の日」は韓国語で「어린이날オリニナル」と言います。

韓国語で「子供」を指す表現と子供向けフレーズのまとめ

この記事では、韓国語で「子供」をどのように表現するのか、それぞれの言葉がどのような場面で使われるのか、子供向けの簡単なフレーズなどを学びました。「아이(アイ)」、「어린이(オリニ)」、「우리 아이(ウリアイ)」、「아이들(アイドゥル)」など、これらの表現を活用して、子供たちとのコミュニケーションをより豊かにしましょう。

最後に、韓国語学習のコツはコンスタントに学び続けることと、自分自身が楽しむことです。まずは簡単なフレーズから始めて、少しずつ挑戦してみましょう。頑張ってください!

【アマプラで韓国ドラマを見よう!】

※このコンテンツはプロモーションを含みます
Amazonプライムには、韓国コンテンツを専門で提供するチャンネルが3つも存在します。 14日間無料で試せる上、月額550円とお得なので、ぜひ見てみてくださいね!
韓流チャンネル【14日間無料体験】
アジアPremium【14日間無料体験】
channel K【14日間無料体験】


【韓国語無料体験レッスンなら】

K Village Tokyo|韓国語教室の無料体験レッスン

日本最大級の韓国語教室!いまなら体験レッスンが無料!
【選ばれる理由】
▶生徒さんの満足度95%!
▶体験レッスン後の入校が80%以上と抜群の入校率!
▶初めての方からビジネス用途まで安心!
▶しかも【60分550円~】の韓国語教室。
K-Franc|韓国語教室の無料体験レッスン

楽しくしっかり身に付ける韓国語レッスン【K-Franc】
【選ばれる理由】
▶厳しい講師採用基準を設けており、その基準をクリアしたプロの講師のみ在籍
▶低価格で高品質なレッスンが特徴
▶好きな講師を選んでレッスンを受けられる
K-TOP School|韓国語オンライン教室の無料体験

韓国語教室「K-TOP School」
【選ばれる理由】
▶入会金・月会員費・教材代まで無料!
▶知っている内容は受講しなくてOK!学びたいレッスンだけ選ぶことができます
▶費用+時間の無駄を削減できる教室
タイトルとURLをコピーしました