『取り急ぎご連絡まで』を韓国語で伝える方法とその使い方

韓国語
この記事を書いた人

15韓国語の編集長で韓国語ネイティブ『ナ先生』。韓国と日本の両方の大学で学んだ豊富な経験を活かして、韓国で日本語教師として5年間活躍しました。その後、日本の企業において役員や社員に韓国語を教える役割を担い、言語教育の分野での深い知識と経験を積みました。現在は、15韓国語を通じて、日々実用的な韓国語学習コンテンツを提供し、短時間で効果的に学べる韓国語を広めています。

15韓国語をフォローする

取り急ぎご連絡までとは?

「取り急ぎご連絡まで」という表現は、日本のビジネスシーンでよく使われるフレーズの一つです。緊急性を伝える際や、詳細な情報提供前の一時的な連絡を意味します。

韓国のビジネスシーンでも、同様のニーズが存在しますが、表現方法や文化的背景が異なるため、正確に伝えることが重要です。

韓国語での表現方法

「取り急ぎご連絡まで」を韓国語で伝える際の直訳は存在しませんが、以下のような表現が近い意味を持っています。

項目 内容
ハングル 급히 연락을 드렸습니다
カナ クピ ヨラグルドゥリョッスンミダ
意味 急ぎ連絡しました
項目 内容
ハングル 우선 급한 대로 연락 드립니다
カナ ウソン グパンデロ ヨンラクドゥリンミダ
意味 とりあえず急いで連絡いたしました

「念のため」の韓国語表現

「念のため」という表現もビジネスシーンでよく使われます。韓国語では「혹시나 해서(ホクシナヘソ)」というフレーズがこれに該当します。

例: 혹시나 해서 연락드립니다(ホクシナヘソ ヨンラクドゥリンミダ) – 念のため連絡しました

ビジネスシーンでの使い方

韓国のビジネスシーンでのメールや電話でのコミュニケーションは、礼儀正しさを重視します。特に、上司や先輩、取引先など、立場の上の人に対しては、敬語を正しく使い、適切な言葉遣いを心掛けることが大切です。

他の便利なビジネス表現

韓国語には、日常業務で役立つ多くのビジネス表現があります。以下はその一部です。

  • 회의를 주선하다: 会議を設定する
  • 보고서를 제출하다: レポートを提出する
  • 의견을 나누다: 意見を交換する

まとめ

「取り急ぎご連絡まで」や「念のため」といった日本のビジネス表現を韓国語で適切に伝えることは、スムーズなコミュニケーションのために非常に重要です。この記事を参考に、韓国語でのビジネスコミュニケーションを効果的に行いましょう。

【アマプラで韓国ドラマを見よう!】

※このコンテンツはプロモーションを含みます
Amazonプライムには、韓国コンテンツを専門で提供するチャンネルが3つも存在します。 14日間無料で試せる上、月額550円とお得なので、ぜひ見てみてくださいね!
韓流チャンネル【14日間無料体験】
アジアPremium【14日間無料体験】
channel K【14日間無料体験】


【韓国語無料体験レッスンなら】

K Village Tokyo|韓国語教室の無料体験レッスン

日本最大級の韓国語教室!いまなら体験レッスンが無料!
【選ばれる理由】
▶生徒さんの満足度95%!
▶体験レッスン後の入校が80%以上と抜群の入校率!
▶初めての方からビジネス用途まで安心!
▶しかも【60分550円~】の韓国語教室。
K-Franc|韓国語教室の無料体験レッスン

楽しくしっかり身に付ける韓国語レッスン【K-Franc】
【選ばれる理由】
▶厳しい講師採用基準を設けており、その基準をクリアしたプロの講師のみ在籍
▶低価格で高品質なレッスンが特徴
▶好きな講師を選んでレッスンを受けられる
K-TOP School|韓国語オンライン教室の無料体験

韓国語教室「K-TOP School」
【選ばれる理由】
▶入会金・月会員費・教材代まで無料!
▶知っている内容は受講しなくてOK!学びたいレッスンだけ選ぶことができます
▶費用+時間の無駄を削減できる教室
タイトルとURLをコピーしました