「私」を韓国語で表現!使い分け&ポイントを徹底解説

韓国語
この記事を書いた人

15韓国語の編集長で韓国語ネイティブ『ナ先生』。韓国と日本の両方の大学で学んだ豊富な経験を活かして、韓国で日本語教師として5年間活躍しました。その後、日本の企業において役員や社員に韓国語を教える役割を担い、言語教育の分野での深い知識と経験を積みました。現在は、15韓国語を通じて、日々実用的な韓国語学習コンテンツを提供し、短時間で効果的に学べる韓国語を広めています。

15韓国語をフォローする

はじめに

韓国語で「私」といえば、思い浮かぶ言葉も多く、使い分けが難しいと感じる方も多いでしょう。しかし、この記事を読めば、韓国語での「私」の使い方がすぐにマスターできるでしょう!

韓国語で「私」を表す基本的な単語

  1. 「나」は、一般的に友達や年下の人に対して使われる「私」を表す単語です。親しみやすい表現で、カジュアルな会話に適しています。
  2. チョ「저」は、丁寧な表現で「私」を意味します。年上の人や目上の人、初対面の人に対して使われます。
  3. 우리ウリ「우리」は、直訳すると「私たち」となりますが、韓国では「私」の意味でも使われることがあります。家族やグループを代表して話す際に用いられます。

丁寧さによる使い分け

韓国語では、相手の年齢や立場を考慮して、「나」や「저」を使い分けることが重要です。親しい友達や年下の人には「나」を、年上や目上の人には「저」を使いましょう。

自己紹介での「私」の使い方

韓国語で自己紹介をする際には、以下のような一般的なフレーズが使われます。

저는チョヌン 〇〇입니다.インミダ(私は○○です。)

会話中での「私」の省略

韓国語の会話では、文脈が明確な場合、「私」を省略することがよくあります。主語が自分であることが自明であれば、省略しても意味が通じます。

まとめ

この記事では、韓国語で「私」を表す基本的な単語(チョ우리ウリ)や使い方について解説しました。状況や相手との関係に応じて使い分けることで、韓国語でのコミュニケーションがスムーズになります。ぜひ実践してみてください!

【アマプラで韓国ドラマを見よう!】

※このコンテンツはプロモーションを含みます
Amazonプライムには、韓国コンテンツを専門で提供するチャンネルが3つも存在します。 14日間無料で試せる上、月額550円とお得なので、ぜひ見てみてくださいね!
韓流チャンネル【14日間無料体験】
アジアPremium【14日間無料体験】
channel K【14日間無料体験】


【韓国語無料体験レッスンなら】

K Village Tokyo|韓国語教室の無料体験レッスン

日本最大級の韓国語教室!いまなら体験レッスンが無料!
【選ばれる理由】
▶生徒さんの満足度95%!
▶体験レッスン後の入校が80%以上と抜群の入校率!
▶初めての方からビジネス用途まで安心!
▶しかも【60分550円~】の韓国語教室。
K-Franc|韓国語教室の無料体験レッスン

楽しくしっかり身に付ける韓国語レッスン【K-Franc】
【選ばれる理由】
▶厳しい講師採用基準を設けており、その基準をクリアしたプロの講師のみ在籍
▶低価格で高品質なレッスンが特徴
▶好きな講師を選んでレッスンを受けられる
K-TOP School|韓国語オンライン教室の無料体験

韓国語教室「K-TOP School」
【選ばれる理由】
▶入会金・月会員費・教材代まで無料!
▶知っている内容は受講しなくてOK!学びたいレッスンだけ選ぶことができます
▶費用+時間の無駄を削減できる教室
タイトルとURLをコピーしました