「早く」を韓国語で表現する方法とその使い方

韓国語
この記事を書いた人

15韓国語の編集長で韓国語ネイティブ『ナ先生』。韓国と日本の両方の大学で学んだ豊富な経験を活かして、韓国で日本語教師として5年間活躍しました。その後、日本の企業において役員や社員に韓国語を教える役割を担い、言語教育の分野での深い知識と経験を積みました。現在は、15韓国語を通じて、日々実用的な韓国語学習コンテンツを提供し、短時間で効果的に学べる韓国語を広めています。

15韓国語をフォローする

「早く」の基本的な韓国語表現

韓国語で「早く」を表す基本的な単語は「빨리パリ」です。これは、速度や時間の早さを示すときに使われます。

例:빨리 만나고 싶어요パリ マンナゴ シポヨ(早く会いたい)

例:빨리 해パリ ヘ(早くしろ)

「早く」の韓国語での応用表現

「早く」の表現は、状況に応じて様々な言葉と組み合わせて使われます。

例:어서 오세요オソ オセヨ(いらっしゃいませ/早く来てください)

例:얼른 준비해オルルン ジュンビヘ(早く準備して)

例:당장 가야 돼タンジャン カヤ ドェ(もっと早く行かなければならない)

早く」は빨리の以外に어서、얼른、당장という表現でも使われます

「早く」の韓国語表現と文化的背景

韓国では「早く」という言葉は、日常生活の中で頻繁に使われる表現です。特に、急いでいるときや何かを急がせたいときによく使われます。

例:빨리 가자パリ カジャ(早く行こう)

「早く」の韓国語表現を使った例文集

「早く」という言葉を使った韓国語の例文をいくつか紹介します。これらを覚えておくと、韓国語でのコミュニケーションがよりスムーズになります。

例:빨리 와パリ ワ(早く来て)

例:빨리 먹어パリ モゴ(早く食べて)

例:빨리 가パリ カ(早く行って)

「早く」の韓国語表現の発音と注意点

「早く」の韓国語表現「빨리パリ」の正しい発音は、日本語の「パリ」とは異なり、より短く、口を大きく開けて発音します。耳でたくさん聞くことが発音をマスターする近道となりますので韓国ドラマや映画を繰り返し視聴することもコツの一つです。

「早く」の韓国語表現のまとめ

この記事では、韓国語で「早く」と表現するさまざまな方法とその使い方を紹介しました。これらの表現を使って、韓国語でのコミュニケーションをより豊かにしましょう。

【アマプラで韓国ドラマを見よう!】

※このコンテンツはプロモーションを含みます
Amazonプライムには、韓国コンテンツを専門で提供するチャンネルが3つも存在します。 14日間無料で試せる上、月額550円とお得なので、ぜひ見てみてくださいね!
韓流チャンネル【14日間無料体験】
アジアPremium【14日間無料体験】
channel K【14日間無料体験】


【韓国語無料体験レッスンなら】

K Village Tokyo|韓国語教室の無料体験レッスン

日本最大級の韓国語教室!いまなら体験レッスンが無料!
【選ばれる理由】
▶生徒さんの満足度95%!
▶体験レッスン後の入校が80%以上と抜群の入校率!
▶初めての方からビジネス用途まで安心!
▶しかも【60分550円~】の韓国語教室。
K-Franc|韓国語教室の無料体験レッスン

楽しくしっかり身に付ける韓国語レッスン【K-Franc】
【選ばれる理由】
▶厳しい講師採用基準を設けており、その基準をクリアしたプロの講師のみ在籍
▶低価格で高品質なレッスンが特徴
▶好きな講師を選んでレッスンを受けられる
K-TOP School|韓国語オンライン教室の無料体験

韓国語教室「K-TOP School」
【選ばれる理由】
▶入会金・月会員費・教材代まで無料!
▶知っている内容は受講しなくてOK!学びたいレッスンだけ選ぶことができます
▶費用+時間の無駄を削減できる教室
タイトルとURLをコピーしました