韓国語の敬称マスター!日本語の「さん」「ちゃん」は韓国語で何と言う?

韓国語
この記事を書いた人

15韓国語の編集長で韓国語ネイティブ『ナ先生』。韓国と日本の両方の大学で学んだ豊富な経験を活かして、韓国で日本語教師として5年間活躍しました。その後、日本の企業において役員や社員に韓国語を教える役割を担い、言語教育の分野での深い知識と経験を積みました。現在は、15韓国語を通じて、日々実用的な韓国語学習コンテンツを提供し、短時間で効果的に学べる韓国語を広めています。

15韓国語をフォローする

はじめに

日本語の「さん」や「ちゃん」は、あなたにとっては日常的な敬称かもしれません。でも、これらは韓国語には直接的な対応がないんです。それなら、韓国語で人を呼ぶ際にはどのように表現すれば良いのでしょうか。ここでは、韓国語での敬称の使い方について詳しく解説していきます。

韓国語で「~さん」はどう言うの?

日本語の「~さん」に対応する韓国語は「~」です。ただし、「~」の使い方には慎重さが求められます。名字に対して使うと失礼な表現となる可能性があるので、通常はフルネームまたは名前に付けて用いられます。

韓国語の「~さん」を使う時の注意点

「~」は、敬意を表すために使われますが、使用する相手や場面によっては適切でない場合もあります。特に、韓国の名字に対して「~」を付けて呼ぶと、大変失礼な言い方と受け取られることが多いので、注意が必要です。

韓国語での上下関係と敬称の関係

韓国語では、年齢や地位による上下関係がはっきりと表現されます。そのため、敬称の使い方もそれに合わせて変わることがあります。同僚や友人との関係では「ヒョン」(兄)、「누나ヌナ」(姉)、「오빠オッパ」(兄)、「언니オンニ」(姉)のような言葉がよく使われます。

韓国語版「くん」「ちゃん」の使用方法と注意点

日本語の「くん」や「ちゃん」に直接相当する韓国語の敬称はありません。
近い表現としては、「名前+」や「名前+」を使います。ただし、この表現は非常に親しい関係でのみ使用され、相手の年齢や性別、親密さなどによって使い分けがあります。

年上の親しい人を呼ぶときの敬称

年上の親しい人を呼ぶ際の韓国語の敬称には「ヒョン」(兄)、「누나ヌナ」(姉)、「오빠オッパ」(兄)、「언니オンニ」(姉)などがあります。これらの敬称の使い方は、年齢や性別、親密さによって使い分けることが重要です。

まとめ

韓国語での敬称の使い方を学ぶことは、韓国語でのコミュニケーションをよりスムーズにし、相手への敬意を示す大切なスキルです。この記事で紹介した敬称の使い方を覚え、韓国語での会話を楽しみましょう。

【アマプラで韓国ドラマを見よう!】

※このコンテンツはプロモーションを含みます
Amazonプライムには、韓国コンテンツを専門で提供するチャンネルが3つも存在します。 14日間無料で試せる上、月額550円とお得なので、ぜひ見てみてくださいね!
韓流チャンネル【14日間無料体験】
アジアPremium【14日間無料体験】
channel K【14日間無料体験】


【韓国語無料体験レッスンなら】

K Village Tokyo|韓国語教室の無料体験レッスン

日本最大級の韓国語教室!いまなら体験レッスンが無料!
【選ばれる理由】
▶生徒さんの満足度95%!
▶体験レッスン後の入校が80%以上と抜群の入校率!
▶初めての方からビジネス用途まで安心!
▶しかも【60分550円~】の韓国語教室。
K-Franc|韓国語教室の無料体験レッスン

楽しくしっかり身に付ける韓国語レッスン【K-Franc】
【選ばれる理由】
▶厳しい講師採用基準を設けており、その基準をクリアしたプロの講師のみ在籍
▶低価格で高品質なレッスンが特徴
▶好きな講師を選んでレッスンを受けられる
K-TOP School|韓国語オンライン教室の無料体験

韓国語教室「K-TOP School」
【選ばれる理由】
▶入会金・月会員費・教材代まで無料!
▶知っている内容は受講しなくてOK!学びたいレッスンだけ選ぶことができます
▶費用+時間の無駄を削減できる教室
タイトルとURLをコピーしました